競馬予想大学
競馬予想大学では競馬予想をはじめとするいろんな情報を公開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皐月賞優勝馬-1997年第57回サニーブライアン

皐月賞ではサニーブライアンは11番人気の大外18番枠でしたが、スタートがあまり良くない馬なので、大西直宏騎手は大外を事前に望んでおり、正に思惑通りとなりました。第2コーナー辺りから先頭に立ち、そのまま2着をクビ差でサニーブライアンが振り切り見事皐月賞でGI初勝利を飾りました。

サニーブライアンの皐月賞前のレースは、1996年10月に東京競馬場(芝1800m)の新馬戦で3番人気でデビューしました。スタートから先頭に立ち、逃げ切りで初勝利を飾りました。その後百日草特別が5着、GⅢの府中3歳ステークスが7着、ひいらぎ賞で5着、若竹賞で2着となりました。2勝目をあげたのは6戦目のジュニアカップで、スタートから先頭に立ち、スローペースに落としてそのままゴールし、オープン馬となりました。次走のGII弥生賞で3着に入り、GI皐月賞の優先出走権を得ることができました。

皐月賞を人気薄及び、96年の勝ち星はわずか4勝にすぎなかった大西直宏騎乗で勝った時に、「誰だ、この騎手!?」というのが多くの競馬ファンの率直な感想でした。

皐月賞を勝利したサニーブライアンは東京優駿(日本ダービー)も制し、二冠馬となり、同年のJRA賞で最優秀4歳牡馬に選出されました。サニーブライアンには全レースで大西直宏騎手が騎乗しています。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第67回

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。