競馬予想大学
競馬予想大学では競馬予想をはじめとするいろんな情報を公開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ダービー優勝馬-1997年第64回サニーブライアン

日本ダービー(東京優駿)を制したサニーブライアンは皐月賞も制して二冠馬となり、同年のJRA賞で最優秀4歳牡馬に選出されました。サニーブライアンには全レースで大西直宏騎手が騎乗しています。

日本ダービー(東京優駿)でも6番人気と低評価でしたが、枠は皐月賞と同じ18番で、大西直宏騎手は勝利を確信したといいます。日本ダービー(東京優駿)レース前に大西騎手が「1番人気はいらない。1着がほしい」と語ったことは有名です。レースではスタートから先頭に立ち、単騎逃げの体勢を作ることに成功しました。この事態に「おのおの方、油断めさるな、逃げているのは皐月賞馬だ」とアナウンサーが実況したことも有名になりました。そして日本ダービー(東京優駿)スタートから一度も先頭を譲ることなく後方一気集団を1馬身抑えて、優秀なタイムでクラシック二冠を制しました。

サニーブライアンの日本ダービー(東京優駿)前の戦績は、1996年10月に東京競馬場(芝1800m)のデビュー新馬戦で初勝利を飾りました。その後百日草特別が5着、GⅢの府中3歳ステークスが7着、ひいらぎ賞で5着、若竹賞で2着となりました。2勝目をあげたのは6戦目のジュニアカップで、スタートから先頭に立ち、スローペースに落としてそのままゴールし、オープン馬となりました。次走のGII弥生賞で3着に入って皐月賞の優先出走権を得て、皐月賞でGI初勝利を挙げました。その勢いで日本ダービー(東京優駿)に臨みました。

決めていた帝王競馬!遂に解禁!

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第74回

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。