競馬予想大学
競馬予想大学では競馬予想をはじめとするいろんな情報を公開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中山グランドジャンプ優勝馬-2006年第8回カラジ

中山グランドジャンプに連覇を狙って出走したカラジはやや後方を追走して、直線手前で先頭にたちます。追ってくる2番手の馬との壮絶な叩き合いとなりましたが、スコット騎手の怒涛の風車ムチに応えたカラジが見事クビ差で中山グランドジャンプを連覇しました。レース終了後にカラジの進路のとり方について審議が行われましたが問題無く着順が確定して、カラジは史上2頭目の中山グランドジャンプ連覇となりました。

カラジの2006年中山グランドジャンプ前のレースは、オーストラリアのシティオブグレンエイ9着、グレンフェルンハンディキャップ14着と奮いませんでしたが、その後ミッティーズハンディキャップ2着、トランプハンディキャップ5着を調子を上げて来日しました。ペガサスジャンプステークス(OP)ではカラジは惜しくも2着でしたが、次の中山グランドジャンプで見事勝利しました。

中山グランドジャンプを前年制したカラジ(Karasi)は、オーストラリアの競走馬です。障害競走での主戦騎手はブレット・スコットで、腕をぐるぐる振り回す風車ムチで有名。長距離が得意なので、長距離であれば平地競走でもそれなりの成績を収めています。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第9回

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。