競馬予想大学
競馬予想大学では競馬予想をはじめとするいろんな情報を公開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天皇賞(秋)優勝馬-1998年第118回オフサイドトラップ

天皇賞(秋)を制したオフサイドトラップの馬名の由来は、サッカーの戦術からきており、弟の馬名も「ワールドカップ」といいます。

天皇賞(秋)ではオフサイドトラップは6番人気で、サイレンススズカが4コーナーで故障を発生して失速する中、GIの初栄冠を手に入れました。8歳馬の優勝というのは天皇賞史上初で、最年長記録となっています。

オフサイドトラップの天皇賞(秋)前のレースは、韓国馬事会杯と新潟大賞典を共に2着、エプソムカップ3着と好調で、次走の七夕賞でやっと初重賞制覇を達成しました。続く新潟記念でも勝利を収めて、天皇賞(秋)へと繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第136回・枠順

スポンサーサイト
エリザベス女王杯優勝馬-2004年第29回アドマイヤグルーヴ

エリザベス女王杯優勝馬のアドマイヤグルーヴは、2000年のセレクトセールにおいて日本の牝馬として当時最高額の2億3000万円で落札されました。馬名は一般公募で最も多かった、冠名に母の名前を合わせたアドマイヤグルーヴに決まりました。

エリザベス女王杯ではアドマイヤグルーヴは前年に続き2番人気で見事に連覇し、武豊騎手にエリザベス女王杯4連覇という偉業をもたらしました。またエリザベス女王杯が古馬に開放されて以降の連覇は、メジロドーベル以来2頭目で、この年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬も受賞しました。

アドマイヤグルーヴのエリザベス女王杯以前の戦績は、2004年最初の産経大阪杯を7着、金鯱賞を5着と勝てませんでしたが、次走のマーメイドステークスでは貫禄を見せて圧勝しました。京都大賞典4着、天皇賞(秋)は3着と健闘してエリザベス女王杯に繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第32回・枠順

エリザベス女王杯優勝馬-2005年第30回スイープトウショウ

エリザベス女王杯を制したスイープトウショウは、鋭い差し脚を武器にして2004年の秋華賞、2005年の宝塚記念も制しました。牝馬が宝塚記念に勝ったのはなんと39年ぶりで、史上2頭目の快挙で、この年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬に選ばれました。

エリザベス女王杯(2005年)ではスイープトウショウは2番人気で、この年の秋華賞優勝馬エアメサイアを抑えて優勝し、GIレース3勝目を挙げました。

スイープトウショウのエリザベス女王杯以前のレースは、2005年最初の都大路ステークスでは5着と敗れましたが、次走の安田記念では2着に入り、続く宝塚記念でGIレース2勝目を飾りました。毎日王冠は6着、天皇賞(秋)は5着に終わり、エリザベス女王杯に雪辱を期しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第32回・枠順

天皇賞(秋)優勝馬-2003年第128回シンボリクリスエス

天皇賞(秋)を制したシンボリクリスエスは、アメリカで生まれて日本で調教を受けた外国産馬で、有馬記念も勝利して、2年連続で年度代表馬に選出されました。

デビュー時から3歳有馬記念までは時々、名障害馬のシンボリクリエンスと間違われることがありました。

天皇賞(秋)では大外枠でありながら、シンボリクリスエスは見事に1番人気で史上初の天皇賞(秋)の連覇を達成しました。

シンボリクリスエスの天皇賞(秋)以前の戦績は、2002年の神戸新聞杯・天皇賞(秋)を連覇しましたが、次走のジャパンカップは3着に敗れました。有馬記念では2番人気で勝利したものの、宝塚記念では5着となり、次の天皇賞(秋)に連覇を期しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第136回・枠順

天皇賞(秋)優勝馬-2004年第130回ゼンノロブロイ

天皇賞(秋)優勝馬のゼンノロブロイの馬名の由来は、18世紀のスコットランドの英雄ロブ・ロイ(ロバート・マクレガー)から名づけられました。

天皇賞(秋)では、フランスのオリビエ・ペリエ騎手を迎えて、ゼンノロブロイは1番人気に応えGI初制覇を果たしました。

ゼンノロブロイの天皇賞(秋)前の戦績は、有馬記念3着、日経賞と天皇賞(春)は共に2着、宝塚記念4着、京都大賞典2着と、善戦はするものの勝ちに恵まれず、天皇賞(秋)に雪辱を期しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第136回・枠順

天皇賞(秋)優勝馬-2005年第132回ヘヴンリーロマンス

天皇賞(秋)を制したのヘヴンリーロマンスは、サンデーサイレンスの産駒です。

天皇賞(秋)ではスローペースのレースとなりましたが、ヘヴンリーロマンスは14番人気ながら接戦の末にGIの初タイトルを獲得しました。牝馬の天皇賞優勝は、1997年秋のエアグルーヴ以来8年ぶりの快挙でした。

ヘヴンリーロマンスの天皇賞(秋)以前のレースは、2005年に入って春は調子が上がらず、京都牝馬ステークス6着、フェブラリーステークス11着、中山牝馬ステークスと福島牝馬ステークスは共に10着と惨敗を続けていました。リフレッシュ放牧の後の8月、クイーンステークスで2着に入り、札幌記念では9番人気ながら優勝したので、秋の目標を天皇賞(秋)に変更しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第136回・枠順

天皇賞(秋)優勝馬-2006年第134回ダイワメジャー

天皇賞(秋)優勝馬のダイワメジャー(英語表記Daiwa Major)は皐月賞、マイルチャンピオンシップも勝利しました。父はサンデーサイレンスで母はスカーレットブーケ。母のスカーレットブーケは重賞4勝の実績馬です。

天皇賞(秋)ではダイワメジャーは4番人気でしたが、スウィフトカレントに1/2馬身の差をつけて、2度目のGI制覇を果たしました。2年半ぶりのGI制覇というのは、歴代3番目に長い間隔でした。

ダイワメジャーの天皇賞(秋)前の戦績は、2006年初めの中山記念では惜しくも2着でしたが、次走のマイラーズカップでは勝利しました。続く安田記念と宝塚記念では4着に敗れましたが、毎日王冠では3番人気ながら勝利して、天皇賞(秋)へと繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第136回・枠順

菊花賞優勝馬-2006年第67回ソングオブウインド

菊花賞に勝利したソングオブウインドは、クラブ法人「社台サラブレッドクラブ」が、2200万円(1口55万円×40口)の価格で一口馬主を募集した競走馬です。

菊花賞では8番人気ながら後方待機策から直線で一気に差し切り、重賞初制覇をGI勝利で飾りました。この時のタイム(3分2秒7)は、コースレコードを0.1秒、菊花賞のレースレコードの3分3秒2

を0.5秒更新しました。父エルコンドルパサーは最後のクラシック制覇のチャンスで、初のGI産駒の誕生となりました。

ソングオブウインドの菊花賞前の戦績は、デビュー5戦目の未勝利戦で初勝利をあげ、次走の500万下戦では惜しくも2着となるが、続く夏木立賞では勝利しました。ラジオNIKKEI賞が2着、神戸新聞杯で3着に入り、菊花賞へと繋ぎました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

菊花賞優勝馬-2005年第66回ディープインパクト

菊花賞を制したディープインパクトは生まれが北海道早来町(現在の安平町)のノーザンファームで、父は名馬サンデーサイレンスです。JRA(日本中央競馬会)の馬主として有名な金子真人は、瞳の輝きに大きな衝撃を受け、また多くの人々に強い衝撃を与える馬になって欲しいという思いから「ディープインパクト」と名付けたそうです。

菊花賞では三冠がかかっており、レースでは好スタートを切った後、直線に入って後続を交わし2馬身差をつけて優勝しました。11年振りで史上6頭目、そして21世紀突入後として初の三冠馬となり、また史上2頭目の無敗での三冠馬となりました。この時のアナウンサーの「世界のホースマンよ見てくれ!これが日本近代競馬の結晶だ!」という実況は、菊花賞優勝馬-2005年のFNSアナウンス大賞を受賞しました。

菊花賞当日の入場者数は13万6701人を記録し、菊花賞記録となった。京都競馬場の入場者記録としても史上2位の記録である。菊花賞の単勝支持率は79.03%で史上2位、菊花賞優勝馬としては史上最高となりました。また40年ぶりに単勝の配当が100円元返しとなり、ディープインパクトが絡んでいる馬券は、売り上げの89%を超える、とてつもない記録でした。

ディープインパクトの菊花賞前の戦績は、デビューの新馬戦から若駒ステークス、弥生賞、皐月賞、日本ダービー(東京優駿)神戸新聞杯と、全てを1番人気の優勝で飾っており、その勢いを菊花賞にも繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

菊花賞優勝馬-2004年第65回デルタブルース

菊花賞優勝馬、デルタブルースの馬名は、「ミシシッピ河口の三角州地帯を起源とする荒々しいブルース」という母名からの連想が由来となっています。

菊花賞ではこれまでの実績から、単勝45倍の8番人気と人気薄でしたが、好位置から早めのスパートをかけて、一気に勝利しました。調教師の角居勝彦や騎手の岩田康誠が共に初のGI制覇でした。

デルタブルースの菊花賞前のレースは、デビュー6戦目の未勝利戦で初勝利を挙げたものの、次走の重賞初挑戦である青葉賞では13着と大敗しました。続く500万下戦で2勝目を挙げ、兵庫特別は5着でしたが、九十九里特別で3勝目を挙げて菊花賞に臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

菊花賞優勝馬-2003年第64回ザッツザプレンティ

菊花賞優勝馬のザッツザプレンティの馬名は「こいつは最高だ」という意味で、父・ダンスインザダークの最高傑作になるように命名されました。その甲斐あってか、菊花賞の親子連覇を成し遂げました。

菊花賞ではザッツザプレンティは5番人気でしたが、4コーナーで先頭に立ち後続の追い込みを封じて勝利しました。またこの菊花賞の勝利はサンデーサイレンス孫世代での初GI勝利となりました。

ザッツザプレンティの菊花賞前の戦績は、デビュー新馬戦と3戦目のラジオたんぱ杯2歳ステークスで勝利したものの、その後は弥生賞6着、皐月賞8着、日本ダービー(東京優駿)3着、神戸新聞杯5着と勝てないレースが続き、菊花賞に雪辱を期して出走しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

菊花賞優勝馬-2002年第63回ヒシミラクル

菊花賞を制したヒシミラクルは、人気薄ながらも宝塚記念・天皇賞(春)も制覇しました。

菊花賞には抽選を潜り抜けて、またクラシック登録が無かった為に、追加登録金を払っての出走となりました。人気は10番人気と低かったのですが、スタート直後に1番人気が落馬となり、自慢のスタミナを発揮して、最後は追い込んできたファストタテヤマをハナ差退け見事に優勝しました。その結果3連複が34万馬券となる大波乱となったのです。

ヒシミラクルの菊花賞前の戦績は、デビュー以来ずっと勝てず、10戦目の未勝利戦でやっと初勝利を挙げました。その後はぶっぽうそう特別が2着、売布特別で優勝、佐渡特別・洞爺湖特別では共に3着、野分特別で優勝後、神戸新聞杯では6着に終わり、菊花賞に臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

菊花賞優勝馬-2001年第62回マンハッタンカフェ

菊花賞優勝馬のマンハッタンカフェは、主戦騎手は蛯名正義で天皇賞(春)にも勝ち、セレクトセールでは、1億4000万円で落札されました。

菊花賞ではマンハッタンカフェは6番人気ながら、見事にGIでの初タイトルを獲得しました。

マンハッタンカフェの菊花賞以前のレースは、デビュー2戦目の新馬戦で初勝利を上げ、初重賞挑戦の弥生賞では4着に入りました。続くアザレア賞では11着と惨敗しましたが、その後の富良野特別、阿寒湖特別を連勝し、セントライト記念でも4着に入り、菊花賞勝利へと繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

菊花賞優勝馬-2000年第61回エアシャカール

菊花賞を制したエアシャカールは皐月賞にも勝っており2000年のクラシック二冠馬になりました。

エアシャカールは早くからクラシック候補として注目されていましたが、騎乗する側から見れば非常に難しい馬だといわれていました。

菊花賞では2番人気でしたが、武豊騎手の好騎乗もあってトーホウシデンをクビ差で退け、見事に皐月賞・菊花賞の二冠馬となりました。

エアシャカールの菊花賞前の戦績は、重賞初挑戦の弥生賞で2着に入り、皐月賞でGI初勝利を挙げました。続く日本ダービー(東京優駿)では2着、キングジョージⅥ&QEDSでは5着、神戸新聞杯では3着でしたが、次走の菊花賞で雪辱を果たしました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

菊花賞優勝馬-1999年第60回ナリタトップロード

菊花賞優勝馬のナリタトップロードは、常にファンから愛される馬でしたが、2005年11月に急死しました。

菊花賞ではナリタトップロードは3番人気でしたが、渡辺騎手が「長く使える脚」を上手に生かして、第4コーナーからラストスパートをかけ、後続の猛追を振り切って初のGI制覇を成し遂げました。

ナリタトップロードの菊花賞以前のレースは、デビュー2戦目の新馬戦で初勝利を挙げ、次走の福寿草特別では3着に終わったが続くきさらぎ賞・弥生賞を重賞を連覇しました。しかし皐月賞3着、日本ダービー(東京優駿)2着をGIでは勝てず、菊花賞前の京都新聞杯でも1番人気ながら2着と破れ、菊花賞に雪辱を期しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

菊花賞優勝馬-1998年第59回セイウンスカイ

菊花賞優勝馬のセイウンスカイは皐月賞も制しており、二冠を達成しました。誕生当時の西山牧場は、成績不振を理由に産駒の約100頭近くも処分する予定だったが、その中から3頭だけは残そうと言うことになり、その中にセイウンスカイとセイウンエリアがいました。

菊花賞ではセイウンスカイは2番人気でしが、前半をハイペースでとばしたあと一気にペースを落とし、ラストの1000mをまたハイペースで逃げて、後続を3馬身半も離して勝利しました。このときのタイムは当時の菊花賞レースレコードで、また3000mの世界レコードでした。

セイウンスカイの菊花賞前の戦績は、デビューの新馬戦と続くジュニアカップを連覇し、重賞初挑戦の弥生賞は惜しくも2位になりましたが、次走の皐月賞でGI初制覇を果たしました。日本ダービー(東京優駿)は4着に終わりましたが、次走の京都大賞典で雪辱を果たし、菊花賞へと繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

菊花賞優勝馬-1997年第58回マチカネフクキタル
菊花賞を制したマチカネフクキタルは、歴代の菊花賞馬や近年クラシック馬の中で、実力的評価はかなり低いものでした。

菊花賞では、マチカネフクキタルは血統的なスタミナ不安が囁かれる中をスローペースを差し切り、3番人気ながら見事にGI初勝利を挙げました。

マチカネフクキタルの菊花賞前の戦績は、デビュー6戦目のプリンシパルステークスで2着に入り、日本ダービー(東京優駿)は7着に敗れたものの、以降のさくらんぼステークス・神戸新聞杯・京都新聞杯を3連勝で飾り、菊花賞へと弾みをつけました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。